小池百合子氏の復権によってより全体主義化しつつある不気味な日本。最近の小池現象は“独裁って言うのはこうやって作られてくのか”という見本となっている

【NEVERまとめ】小池劇場は小泉劇場と同じ罠か? #小池百合子 #小池劇場 #年次改革要望書 #国家戦略特区 #TPP
https://matome.naver.jp/odai/2147735333900733701
上記は小池都知事に対する不信感とあたかも自分だけが清廉潔白かのように公然と正義面する小池氏の面の皮に対する違和感の理由の一部をまとめたものです。※まだまだ全てはまとめきれていません。

以下は、小池都知事にと一連の小池都知事関連報道やここ半年の小池現象に対してツイートしたものの一部です。https://twitter.com/hatenahatenaha

再三ツイートした通り、小池百合子氏の復権によって、日本全体が全体主義に包まれつつあるのは間違いないことで、今それがとても気持ちが悪いと思っています。振り返れば、小池劇場と言われるものは、都知事選前から始まっていたようにも思え、すべてがシナリオ通りに進んだとすら思える状況です。

小池百合子氏は自身の突発的な行動を「勘」と表現していますが、本当に勘だけなのかなと、私自身は以前より考えていました。勘にしてはあまりにも出来すぎてることが多すぎる気がします。誰かに言われて役者として動いてるような感じをものすごく受けてしまいます。

今の報道では小池百合子が善、対峙する存在が悪かのような報道が当たり前になっていますが、私自身は、小池百合子氏がそんなに堂々と正義面してることに違和感を持っています。小池氏のこれまでの歩みを考えたら、さも自分だけが不正を正す清廉潔白を標榜できるような人材とは思えないんですよね。
むしろ、激しく断罪されるべき政治家とすら自分自身は思っています。小池百合子氏と比較するなら誰もがマシになるのではないか?とも思えるくらいです。

広告