今タイミングでの小池百合子都知事の登場は内需潰しの意味

今タイミングでの小池百合子の登場というのは東京都内の内需潰し、中小零細企業潰しの意味があると思います。そしてハゲタカ外資・金融マフィアが食い物にして乗っ取るというシナリオの上にあると見れますね。

小池都知事は既に「都民ファースト」という掛け声の裏で、外資規制を緩和して外国の金融機関を誘致する準備を進めている。

小池百合子の歴史とその志向~小池すり寄り翼賛メディアが不気味です~小池劇場は小泉劇場と同じ罠か?

都入札見直し 業者の批判相次ぐ

小池都知事の入札制度改革はスーパーゼネコンだけが受注するシステムへの
改悪かな?
果ては外資も参入できる様にというのが主な目的なのかな?

小池都知事一派の力が強くなればなるほど、内需潰しの動きが加速して行くだろうと思います。