山口敬之のレイプもみ消しの一件は中村格警視庁刑事部長の犯罪。TBS幹部との何らかの関係が生み出した犯罪ではないのか?

山口敬之のレイプもみ消しの一件は中村格警視庁刑事部長、週刊新潮はじめ、色んな媒体が指摘している様に中村格警視庁刑事部長の犯罪ですよね。今回の一件に関して、安倍官邸の関与を強調する向きが多数ですが自分はTBSとの癒着関係が生んだ犯罪ではないかと見ています。中村格警視庁刑事部長が安倍総理へ忖度したという事ならありそうですが、さすがに安倍総理が、たかだか自分をヨイショする人物のために安倍総理や安倍官邸がレイプ犯罪をもみ消すような人権侵害リスクを指示はしないなと思います。官邸がやるとするならむしろ、山口の犯罪が総理や官邸の耳に入った時点で山口敬之の社会的抹殺の方を穏便に図るという事の方ではないかと思います。安倍総理が自分のイメージダウンに直結する山口敬之のレイプ犯罪をもみ消すメリットは何もありません。それどころかデメリットでしかありません。となれば、TBS幹部と中村格警視庁刑事部長との癒着が生んだ犯罪と考えるのが妥当です。レイプ被害者の詩織さんは、「『(相手が)TBSだから難しい』と言われた。『相手が政権の方とも近しい』という話もされた。ただ、山口氏がTBSを辞めたという話が入った途端(逮捕へ)いけるかもとなった。何だろうと思った」と証言しています。TBSの関係者だから警察が逮捕を躊躇してたかのように思える証言です。

今回の件だけじゃなく、他にもTBS関係者の不祥事の揉み消しを請け負ってたかもしれません。TBSだから逮捕が難しいって何なのかと思う。TBSって何なのか?TBSって警察関係者の天下りが多いとかあるのだろうか?

元捜査機関関係者でも、口を揃えて逮捕状が出たのに逮捕されないのはおかしいと言っています。

bandicam 2017-06-11 15-33-58-401
(テレビ朝日、2017.5.30モーニングショーキャプチャー)

レイプ被害者である詩織さんは、逮捕状を取ったが上の指示で逮捕できなくなった旨を捜査関係者から伝えられています。上とは中村格警視庁刑事部長です。中村格警視庁刑事部長のその判断を阻止する手立てはなかったのかとも思います。捜査関係者の誰もがおかしい判断を下した中村格警視庁刑事部長に今からでも何らかのペナルティを与えられないものなのか?証拠のある犯罪に対する逮捕状を止めた罪とかは認められないのか?中村格警視庁刑事部長の所業は、犯罪もみ消し罪があったら成立する所業だ。裁判所が出した逮捕状よりも上の指示が絶対という状況はどう考えてもおかしい。何のための手続きで法律なのか?証拠を集めて逮捕状を取った現場の捜査官も無念でしょう。上からの理不尽な指示を抑止できる手立てや仕組みはないものなのかなと思います。上からの指示が絶対になるなら、法律や手続きは一体なんのためにあるのかと思ってしまいます。現場の捜査員だってやってられないだろうと思いました。

【テレビ局幹部の犯罪もみ消し疑惑】TBSは政権と近い警察官僚とつるんで2015年当時TBS記者だった山口敬之のレイプ(準強姦)犯罪の隠蔽を図ったのか?

広告

【テレビ局幹部の犯罪もみ消し疑惑】TBSは政権と近い警察官僚とつるんで2015年当時TBS記者だった山口敬之のレイプ(準強姦)犯罪の隠蔽を図ったのか?

テレビ局関係者だと不逮捕特権でもあるかの様な警察対応が浮き彫りに…新潮が報じた元TBSの山口敬之のレイプ事件も被害者の詩織さんによる記者会見も新聞に載らない。政権に近いからなのか、テレビ局特権?が絡んだ案件だからなのか、いずれにせよ、新聞・地上派テレビ上では無かった事とされてるのが恐い事です。

改定版 解説付き テレビ関係者だと不逮捕特権でもあるのか?連結

※東京新聞が30日の朝刊の社会面のベタ記事と1日の特報面では掲載していた模様です。

山口敬之レイプ事件もみ消しに関する諸々の事実関係を一望して見ると、レイプ犯が政権と近いという事以上に、ほんの一部の警察幹部(中村格)とTBSの上層部が利害関係を共有してもみ消したと言った感が強く感じられました。レイプ被害を訴えるためには、被害者はこんな如何わしい犯罪隠蔽スクラム体制と戦うことを余儀なくされるなんて、本当に酷な事だと思います。

なんとか地上派テレビ・新聞テレビで明るみになり、犯人逮捕に至って欲しいと願ってやまないものですが、犯罪隠蔽のためなら平気でスクラムを組んでもみ消し続けようとするテレビ・新聞の上層部の体質・現状を考えると地上派・新聞レベルでの告発は期待はできず無念である。この一件を地上派テレビ・新聞がニュースにもせずスルーし続けるのであれば、ますます、テレビ新聞への不信は高まり、普段声高に振りかざされているテレビ・新聞の正義が似非であり、見せ掛けであり、カモフラージュであり、アリバイ工作であると断じざる得ないでしょう。